押出成形の金型製作技術について:押出金型全般(Tダイや丸ダイ)などさまざまな種類に対応しています

押出成形の金型(ダイ)の開発・試作・設計はお任せください

押出成形の金型は、製品の品質に影響を与えるため、高い品質が求められます。

タムラエジアは、プラスチック成形法の1つである押出成形の金型製作を得意としている会社です。

押出成形とは、加熱融解させた原材料であるペレットを加圧して金型から押し出し、冷却して製品を作り出す成形方法です。

押出成形における金型は「ダイ」や「ダイス」とも呼ばれています。

金型は成形において大切な要素の1つで、その精度が製品のクオリティを左右します。

弊社では少量多品種の金型を製作しております。以下では、押出成形の金型の重要性について説明していきます。

押出成形とは?

押出成形とは、産業界でよく用いられる成形方法の一種で、樹脂や金属、食品、ゴム、コンクリートなど、身の回りにある製品の部品はこの方法で成形されています。

その中の樹脂(プラスチック)の押出成形は、ペレットを熱で溶かし、スクリューで混ぜ金型から押し出した後冷却し固化させて成形する方法です。

特徴は、成形品の断面が一定かつ連続的に生産ができることです。

パイプやチューブ、フィルム、自動車や電気製品の部品、光ファイバーなど様々なものを作る際に用いられています。

押出成形には金型(ダイ)が必要です

押出成形は、いくつかの装置を通して製品が作られていきます。

押出機→冷却機→引取り機→切断機の順で、原材料を加工していきます。

押出機は、原材料を加熱融解し金型へと押し出す装置で、金型は押出機の出口に取り付けられています。

製品の表面状況、寸法精度そして物性値などは、原材料の熱経歴や気温などで変化しやすくデリケートです。

そのため、成形機はもちろん、金型は最終的に出来上がる製品の品質にも大きく影響するため、押出成形をする上で非常に重要な部品なのです。

押出成形 金型 Tダイ

タムラエジアで製造する押出成形の金型(ダイ)の種類

押出成形の金型には様々な種類があります。

弊社では少量多品種に特化したものを製造しているため、様々な分野の金型に対応しております。

押出成形 金型 Tダイ

パイプ・チューブの押出金型

パイプ・チューブの製造は、押出成形の中で最も基本的な技術です。

弊社で製作した金型は、上下水道管、ガス管、電線保護管、土木・建築用管などから医療用チューブまで幅広い種類があります。

パイプ・チューブの押出金型の製造実績

  • スパイダーダイ
  • スパイラルダイ
  • 多層ダイ

シート・フィルム・ラミネートの押出金型

厚さが0.25㎜以上であるシートやプレートはフラットダイ(Tダイ)から、0.25㎜以下のフィルムはフラットダイ(Tダイ)またはサーキュラーダイ(丸型ダイ)から押し出されます。

押出成形 金型 Tダイ

シート・フィルム・ラミネートの押出金型の製造実績

  • フラットダイ(Tダイ):フィッシュテールダイ、マニホールドダイ、コートハンガダイ、多層ダイ
  • サーキュラーダイ(丸型ダイ)
  • インフレーションダイ
  • 多層ダイ

Tダイの樹脂形成に使用する押出金型については下記の記事でもご紹介しています。

あわせてご覧ください。

Tダイなど樹脂成形に使用する押出金型について

異形押出金型

異形押出とは、プロファイル押出とも言い、楕円あるいは三角形のチューブ、短形のものから窓枠やハウスサイジングなどの形状のものなどの成形方法です。

異形押出金型の製造実績

  • 異形ダイ

発泡押出金型

押出成形における発泡成形品は、断熱材や緩衝材、建材、包装部材などが挙げられます。

発泡押出の方法は様々ですが、金型は上記に挙げたものとほとんど変わりません。弊社でも実績があります。

被覆押出金型

電線被覆を筆頭に、金属パイプや折り曲げ鉄芯への被覆なども押出成形で作られています。

弊社で実績が多いものは、電線被覆用ダイです。

押出成形金型(ダイ)の設計・作図・図面化に対応

押出成形金型の図面がないなど設計に関してお困りではないでしょうか。

弊社は上記でご紹介した金型の製造だけでなく、設計からお手伝いが可能です。

押出成形 金型 3DCAD

お客様のご要望を考慮し、さらに製造の観点から加工がしやすくシンプルな形状にデザイン致します。

そうすることにより、加工時間や作業工程が短縮され、コストダウンにつながります。

現物がある場合は、3次元測定器で寸法を測り図面におこすことも可能です。

押出成形金型(ダイ)の構想・設計段階からご相談が可能です

押出成形金型は、原料が流れる流路の滑らかさや精密さが重要です。

その理由は、押出成形の多様化や機能化に伴ってより高い技術が求められるからです。

弊社はこれまで培ってきた経験とエンジニアの創造力で、お客様と共にハイクオリティな金型を製作します。

図面がない場合においても、リバースエンジニアリングや現物、構想図などから図面化し、加工、仕上げ、組立、検査までご対応いたします。

押出成形の金型でお困りの際は下記フォームからお問い合わせください。

▼お問い合わせはこちら
電話:03-5735-3501
メール:info@tamuraejer.com

お問い合わせボタン

関連記事

  1. 硬質クロムめっき
PAGE TOP