Tダイ法とは?押出成形の金型製造についてタムラエジアが分かりやすく解説します!

Tダイ法(フラットダイ法)とは?

Tダイ法(フラットダイ法)とはどのような工法かご存知でしょうか。

Tダイ法は、Tダイと呼ばれる金型を使用してプラスチックを成形する押出し成形の一種です。

「Tダイキャスト成形」や「キャスト成形法」と表現することもあります。

タムラエジアでは、この工法で使用されるTダイ(金型)を製造しております。

Tダイ法 金型

今回はTダイ法とはどのような工法なのか、また弊社で製造する金型について詳しく解説します。

Tダイ法によるプラスチックの成形をご検討中の方は、ご参考くださいませ。

なおTダイとその他の樹脂成形(フィルム・シート)に使用される金型については、下記コラムでご紹介しております。

Tダイなどの樹脂成形に使用される金型の種類についてはこちら

Tダイ法の成形の流れ

Tダイ法について冒頭でも簡単にご説明しましたが、具体的にどのような流れで成形されるのでしょうか。

ここでは、Tダイ法に使用される機械や金型とあわせて成形までの流れをご紹介します。

▼Tダイ法で使用される機械や器具

  • 押出機・・・加熱溶融した樹脂を金型の方へ押し出す機械
  • Tダイ・・・樹脂シートやフィルムの成形に適した金型
  • 冷却ロール・・・急冷して樹脂を固化させる器具
  • 引取機・・・固化した樹脂を引き取る機械
  • 巻取機・・・引き取られた樹脂を巻き取り、ロール状にする機械

▼Tダイ法の成形の流れ

  1. 押出機で加熱溶融した樹脂を、Tダイによって薄く引き伸ばします。
  2. Tダイで引き伸ばされた樹脂を、冷却ロールで急冷して固化させます。
  3. 引取機で固化した樹脂を搬送し、巻取機で樹脂をロール状に巻き取ります。

押出機の構造

※画像をクリックすると拡大します。

成形の流れを見ても分かるように、Tダイ法とは樹脂をフィルム・シート状にする成形方法なのです。

なお押出成形のダイスにつきましては、以下のコラムでもご紹介しておりますのであわせてご覧ください。

押出成形のダイスについて詳しくはこちら

Tダイ法で成形されるフィルム・シートの用途

Tダイ法は様々な樹脂をフィルムやシート状へ成形することができ、その成形品は幅広い用途で使用されます。

▼Tダイ法で成形される樹脂の例

PET、PP、PS、PVC、PVA、PFA、FEP、PC、PEEK、PPS、LDPE、HDPE、PPO、PSF、PAR、Nyなど

では、Tダイ法で製作されたフィルムやシートは何に使用されているのか、具体的に見ていきましょう。

▼フィルム・シートの用途

  • 包装フィルム
  • 卵パック
  • カップ容器
  • 紙おむつバックシート
  • ポケットティッシュ・サニタリー用品の包装材
  • ガラス瓶蓋
  • 建材貼り合わせ
  • 自動車部品(モール、スピーカーカバーなど)

このように、日常生活で使用する身近なものによく使用されています。

フィルムの成形につきましては以下のコラムでもご紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

Tダイ押出によるフィルム成形について詳しくはこちら

Tダイ法 金型 見本

タムラエジアは、Tダイ法などの押出成形で使用される金型の製造実績のある会社です。

製造だけでなく、設計や流路解析なども必要に応じてご依頼可能です。

ここからは、弊社の製造技術や事業内容についてご紹介いたします。

Tダイ(金型)の製造はタムラエジアにお任せください!

タムラエジアは、3D CAD/CAMや同時5軸マシンなどの最新設備を揃えており、自社工場内で製造いたします。

タムラエジアの設備一覧はこちら

Tダイ法 金型 表面 Tダイ法 金型 表面 反射

また、押出成形に必要となるフィードブロックや接続アダプタなどの押出関連品の製造や、金型のオーバーホール(洗浄・磨き・再メッキなど)も可能です。

ここからは、弊社の技術や強みなどを詳しくご紹介いたします。

最先端技術で複雑形状・難削材に対応

タムラエジアの最先端技術と設備、そして優秀な技術者により、複雑形状や難削材の加工を実現いたします。

複雑形状の加工

上の画像のように、複雑な形状の加工実績もございますので、他社では難しいと断られたご依頼でも、対応可能な場合がございます。

ハステロイ

上の画像はインコネル材で製作したパイプ部品です。

インコネルの他にもハステロイなどの難削材の加工を得意としております。

これらの加工を効率良くスピーディーに行い、尚且つ高い精度を出せる点がタムラエジアの強みです。

最適な設計案をご提供します

タムラエジアは金型の設計や図面作成に対応しております。

「設計の知識がなくて不安」
「前に製造してもらった会社が廃業してしまい、図面が用意できない」

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

3DCAD

タムラエジアは、お客様のご要望を踏まえた上で設計するだけでなく、必要に応じてより良い設計案をご提案します。

設計について詳しくなくても大丈夫です。

3Dでモデリングするため完成形が分かりやすく、加工シミュレーションでより詳細に確認できます。

また、リバースエンジニアリングにも対応しております。

以前製造してもらった会社が廃業してしまったため、図面が用意できず現物しかない、といったご相談をよくいただきます。

このような場合は現物をお預かりして、図面化を行いますのでご安心ください。

設計

弊社はこれまでにTダイをはじめ、医療用カテーテルダイやスパイラルダイなどの各種押出金型の設計実績があります。

図面がない、現物しかないという場合でもご対応いたします。

Tダイの設計・図面作成からご依頼可能です

Tダイの設計から製造、検査まで、タムラエジアは高品質・高精度の金型を製造します。

3次元測定器や表面粗さ測定機など多くの検査機器を保有しており、徹底した検査体制で品質管理をしております。

更には品質向上のために工具の選定を行い、最新バージョンの工具で製造いたします。

このように、設計、製造、検査など各工程を妥協せず丁寧に行うことで、信頼できる会社として評判を得ております。

お見積りや製造に関するご相談は、下記お問い合わせ先よりご連絡ください。

▼お問い合わせはこちら
電話:03-5735-3501
メール:info@tamuraejer.com

お問い合わせボタン

関連記事

PAGE TOP