Tダイなど樹脂成形(フィルム・シート)に必要な押出金型の設計・製作のご依頼はこちら

Tダイなど樹脂成形(フィルム・シート)に使用する押出金型とは?

Tダイなどの押出金型とは、樹脂成形に使用する金属の型です。

融解した樹脂を金型に流し込み、ところてんのように押し出して成形するため、金型と同じ断面形状に加工されます。

普段皆さんが目にしている、ビニール袋やスマホのフィルムカバー、ラップなどは、樹脂を材料とした押出成形で作られています。

フィルムやシートは主に、Tダイと丸ダイ(円形ダイ)の二種類の金型から押し出されて作られています。

Tダイと丸ダイは押出成形の手法が異なります。

以下では、フィルムやシートの樹脂成形に使用される代表的な押出金型について、形状や用途を詳しく解説いたします。

Tダイ

Tダイは、Tダイ法と呼ばれる押出成形で使われる金型のことを指します。

衣装用のハンガーのような形状の押出金型であることから、ハンガーダイとも呼ばれています。

 成形 金型

ハンガーの頭の部分から溶融樹脂を流し込むと、樹脂が薄く広がるため、フィルム状やシート状のような薄い形状に成形されます。

Tダイを用いて成形されている身近な製品としては、パックや包装用フィルムなどがあります。

また、1つの材質からなる単層のフィルムだけでなく、異なる材質によるフィルムの多層化も可能です。

多層成形はラミネート袋の製造にも使用されています。

他にも、皆さんが普段目にしているものにはフィルムやシートが貼られていることがあります。

詳しくはTダイ法や金型製造についてご説明しているこちらの記事を御覧ください。

丸ダイ(円形ダイ)

丸ダイとは、開口部がリング状になっており、インフレーション法と呼ばれる押出成形に用いられる金型です。

他にもフィルム・シートではなく、チューブを作る時にも同じ名前の金型を使用する場合がありますが、今回はインフレーション法に用いられる丸ダイについてご説明いたします。

樹脂を押し出したあとの円筒状フィルムの開口部に空気を送り込むことで、袋状に加工されます。

丸ダイを用いた成形品の用途としては、ビニール袋やポリ袋、食品包装用フィルムなどがあります。

こちらもフィルムの多層化が可能であり、農業用のビニールハウスのフィルムにも応用されています。

フィルム・シートの成形方法

樹脂製のフィルムやシートは、樹脂成形の一種である押出成形によって製作されます。

押出成形は、加温して溶融した樹脂を押出金型に流し込み、加圧して押し出すことで断面を作製する加工方法です。

詳しくは押出成形と金型の種類についてご説明しているこちらの記事を御覧ください。

押出成形は、使用する押出金型や押出方法の種類によって分類されます。

フィルムやシートの形状にしたい場合には、Tダイ法やインフレーション法が選択されます。

以下では、Tダイ法やインフレーション法について、詳しく解説していきます。

Tダイ法

Tダイ法は、加熱溶融した樹脂を薄く広げる方法であり、シート状やフィルム状の製品の成形に適しています。

Tダイ法は、インフレーション法と比較すると、成形品の幅や厚みの精度が高く、均一に成形できるところが特徴的です。

また、加工された製品は透明性にも優れているため、食品包装用のフィルムなどに適用されています。

製品に精度が必要な場合、もしくは透明性を求める製品の場合は、Tダイ法を検討すると良いでしょう。

インフレーション法

インフレーション法は、先程もご紹介した丸ダイと呼ばれるリング状に開口した押出金型を用いて樹脂を成形する方法です。

リング状に押し出された樹脂に空気を送り込んで膨張(インフレーション)させるため、インフレーション法と呼ばれています。

インフレーション法では、押し出された樹脂を膨張させるため、一つの金型から厚みの異なるフィルムの成形が可能です。

そのため金型のコストが安くなり、安価で成形できることも特徴の一つです。

また、樹脂を袋状に膨らませるため、ポリ袋のような袋状の製品の成形も可能です。

なお、成形品の幅や厚みの精度が高くないので、高い精度を必要としない製品にこの成形方法を検討すると良いでしょう。

タムラエジアは高品質な金型を製造します

タムラエジアはフィルムやシートの成形に必要な金型の製作を行っております。

Tダイや丸ダイの他にも、スパイラルダイ、クロスヘッドダイ、異形ダイなどの多種多様なダイスの製作実績がございます。

弊社が持つ高度な加工技術により、難削材や複雑形状の加工などにも対応可能です。

また、3次元測定機などのさまざまな最先端の検査機器を取り揃えており、品質管理も徹底しています。

そのため、お客様からは安心して金型の製作をお任せいただいております。

ここからは、弊社の金型製造技術や検査体制についてより詳しくご説明いたします。

Tダイなど金型の製作実績が豊富

弊社は、Tダイをはじめとする様々な種類の金型の製作実績がございます。

ここでは、豊富にある製作実績の中でも、Pバンド用Tダイとフィルム用Tダイの製作内容を画像とあわせてご紹介します。

1.PPバンド用Tダイ

成形 PPバンド用Tダイ

段ボールを束ねる時に使われるPPバンド用のTダイです。

こちらのPPバンドの幅は25㎜で、同時に3本生産する設計です。

こちらは設計から製作・組立をタムラエジアにて行いました。

2 フィルム用Tダイ

成形 フィルム用Tダイ

※シミュレーション画像

単層構造のフィルム用のTダイ(450㎜幅)です。

こちらはいただいた図面から製作をしました。

単層だけでなく、多層ダイも多く製作しております。

弊社ではCAD/CAMでプログラムを作成しています。

プログラムで加工シミュレーションを行い、動作などに問題がないか確認した後に実際の加工に入ります。

また、データとして残るため、リピート品などの際に素早く対応することができます。

安心の検査体制

弊社は最新の測定機などを揃えており、定期的に校正を行っております。

また、加工内容にあわせて、加工の前後に必要な検査を行います。

例えば材料を焼入れする場合、弊社では焼入れ前と焼入れ後で検査を実施し、寸法変化を確認します。

成形 金型 検査

このように検査を徹底することで、品質に関してご安心できる体制を整えております。

弊社で保持している検査機器は、CNC3次元測定器、デジタルノギス、マイクロメーター、シリンダーゲージなどがあります。

その他の測定機器などの設備はこちら

Tダイなどの樹脂成形用金型のお見積り依頼・お問い合わせ先

Tダイなどの樹脂成形用金型は、金型の品質が成形品に大きく影響します。

金型の品質による成形品への影響について詳しくはこちら

高い品質と高い技術力で製作する金型は、よりよい形で成形品に影響をもたらすのです。

また、タムラエジアは金型の設計から加工を自社で行います。

設計時にはお客様のご要望を反映しながら、よりよい金型を製作するためにご提案をすることも可能です。

まずは下記のお問い合わせ先より、詳しいご依頼内容をご連絡ください。

▼お問い合わせはこちら
電話:03-5735-3501
メール:info@tamuraejer.com
お問い合わせフォームはこちら

関連記事

  1. Tダイ
  2. 硬質クロムめっき
PAGE TOP