金型には”磨き”が付き物ですが…
実は作業をしていると…終わりがわからなくなります。

800番のシートペーパーから1000番へ…

最終的には2000番から3000番まで磨き込みます。

磨きに終わりはないのであります。